盗聴器の種類について

盗聴器の種類は、現在は非常に多種多様となって参りました。
盗聴器の盗聴電波の傍受が不可能なタイプや、または非常に困難としているタイプ・または一般の公衆電話回線を用いて受信するものなど、様々な盗聴器が登場しています。

これまで、一般に知られてきた盗聴器

これまでは、無線で飛ばすもの・有線で飛ばすものなどの盗聴器が知られてきました。
その盗聴器の隠す方法も、コンセントの中・電話機の中・縫いぐるみの中、実に様々な場所から、盗聴器は仕掛けられ、発見される度に驚かされてきました。
テレビなどの特集などでもたびたび紹介されてきました。
有線と無線による盗聴方法については、コチラを参照してください。

しかし、現在は盗聴器も、技術進歩の波が流れてきました。
そのお陰で、驚くべき進化を遂げた盗聴器もまた多いのです。
これからは、そうした驚きの盗聴器などをご紹介していきましょう。

コンクリートマイク型盗聴器

コンクリートマイク型盗聴器とは、壁にコンクリートマイクを当てて、その隣の部屋から発せられる音を拾うという方法です。
この方法は、部屋の中で発生する音が、その部屋の壁に使用されるコンクリートに振動として伝わることを利用したもので、
この振動をキャッチし、それを音声として聞き取ることが出来るというものです。
これならば、部屋に侵入して盗聴器を仕掛けるといったことをしなくても良いという反面、人の声のみならず、その部屋から発せられる全ての音を拾ってしまうために、盗聴の対象である人の声以外のノイズを大きく拾ってしまうというのが弱点といえます。

プリペイド携帯電話型盗聴器

最近では、携帯電話の普及が進み、一人に付き一台の携帯電話を持っているという計算になる勢いです。
その携帯電話を利用した盗聴器が登場しています。
プリペイド式の携帯電話を改造して、盗聴器にしてしまった・・という商品が発売されているようです。
この携帯電話を利用することにより、盗聴した内容は、携帯電話のエリア内にいれば、全国どこからでも電話でその盗聴内容を確認することが出来るようになります。
また、デジタル式の携帯電話の電波を頼りに、この盗聴器と化した携帯電話を探し当てることは不可能です。
よって、盗聴器としては性能の面で良いと思うものなのですが、弱点は、プリペイド式の携帯電話を利用し、その盗聴した内容は形態電話網を通じて送っているため、通話料がかかります。
よって、常に通話金額をチャージする必要があり、盗聴するのに常にコストがかかるという面が難点といえるでしょう。